google-site-verification: googlec65e86a90acf5654.html 家庭料理 - 素人料理百珍

素人料理百珍

簡単でスピーディーなレシピを紹介します(たまに凝った料理も、、)とか、映画のはなしなんかも時々、、、

ウドの芽の天ぷら  

ウドの芽の天ぷら
丸々一本のウド。てっぺんのモシャモシャした部分を切り落として天ぷらにする。
見た目だけでなく、”タラの芽”や”こしあぶら”などに匹敵する美味!
独特の風味がウドである事を再確認し、また一口、また一口とあとを引く。
太い部分も皮を引かずに天ダネにすべし!

塩でやるもよし、天つゆにくぐらせるも良し!この時季ならではの絶品、天ぷら!

ボウルに薄力粉を入れ、水を注ぐ。

ネタを放り込んで、サッとかき混ぜ、チョット高めの揚げ油でカラリと揚げる。

※薄力粉は水に溶かず、ダマ状態の薄コロモでOK!


1594s.jpg

うどんの友にも美味!!

category: 家庭料理

tb: 0   cm: 1

美味しい道草♪ツクシとスギナ  

スギナかき揚げ丼

先の土曜日。毎週末通う野菜の産地直売所で、抱えきれないほどの野菜を助手席に置いて、車を発進させた瞬間、信じられない光景が、、、。先週はまったく顔を見せなかったつくしが凄まじい勢いで群生している。見逃す手はない、、、駐車場を一回りし元の位置に再度車を止めた。その時のボクはまさしく”狩人”の目だったに違いない。
耳に”アイ・オブ・ザ・タイガー”(ロッキー3のテーマ曲、、、チョー<やるきスイッチ>の入る曲)
のメロディーがリフレインをはじめた。

しかし、超リーズナブルな新鮮野菜を大量にゲットしておいて無料の食べられる雑草にまで手を出すとは、、、
まさしく、仏教で言うところの”業”である。
※ぎょうでは無く、ゴウと読む。念のため。

小雨まじりで摘み草に適した天気ではないが、
すでにスギナに変わってしまっている集団もいるので贅沢は言ってられない。
 つくしでいる期間は短いのだ。

先ほど発見したつくしの群生地は一応、どなたかの所有地らしいので、道路ひとつ隔てた河原に出る。
土手沿いに、発見。

15分ほどで今年の”つくし摘み”を終了。
何本かスギナも混ぜる。
なりたてのスギナはアクも少なく、柔らかいので天ぷらにすると美味。

ゴボウ、人参、アサツキにスギナを加えてかき揚げにする。
写真は“御食い初め”用の椀なのでミニミニかき揚げ丼と、いうところ。
御酒の前後やオヤツにぴったり。

塩でやるか天つゆでやるか、、、迷った末に塩で食した。

美味!!!

若いスギナは単体でも天ぷらにして美味。たくさん食べるものではないがほろ苦く以外と美味!

そして恒例の玉子とじ

つくし玉子とじa


頭とはかまを取って、塩ゆでにしてから水にさらしてアク抜きをする。

好みの濃さのめんつゆで煮て、味がなじんだら溶き卵を加えて、卵が固まれば完成!

年に一度のお楽しみ。家族全員が好きな一品。

ちなみに去年は茶碗蒸し。

9584.jpg


良かったらコチラ↓もご参考に!

つくしの茶碗蒸し♪

やっぱり、ツクシと玉子は相性がよいのですな!

category: 家庭料理

tb: 0   cm: 0

大豆コロッケ  

大豆コロッケ
水煮大豆とFPで簡単”豆コロッケ”

水煮大豆 1袋

ひじきの煮もの(なくても可)大さじ1杯分くらい
   ※入れると美味だが、入れ過ぎは崩れ易くなるので注意!

塩ひとつまみ

水溶き薄力粉(ころも用)

パン粉(ころも用)

水煮大豆はフードプロセッサーなどでマッシュにし、ひじきの煮ものを加えてさらに”ガー”

  ※ひじきは細かくなりすぎないように!

ボウルに移し、塩を加えてよーく練ってから丸め、水溶き薄力粉にくぐらせ、パン粉を付けて油で揚げる。

  ※水溶き薄力粉はかために!やや、もったりするぐらいのヤツにしっかりくぐらせたほうが揚げてる途中に崩れたりしない。

きつね色になったら完成!

塩でもOKだし、からし醤油なんかで食べても美味!

からしマヨネーズ醤油なんかも!

わさびマヨネーズ醤油なんか、、、も

大豆コロッケ2

category: 家庭料理

tb: 0   cm: 0

つくね棒  

ゴボウツクネ
魚のすり身でつくると、おでんダネの”ゴボ天”となる。ゴボウを完全に包み込めば、、、。


写真は鶏と豚の合いびき肉。

粉末がらスープの素、薄口醤油、黒胡椒でかるく下味を付け、よく練ってからつなぎの片栗粉を加えてさらによく練る。

ゴボウは1センチ弱の太さ、長さは6〜7センチぐらいが作り易い。生のままでも良いが、仕上がりが硬くなるので
レンチンで予め、熱を通しておいたほうがベター。

持ち手のように残して肉で包んで油で揚げる。完成!

下味は軽くして、好みのタレ(焼肉のタレやナンプラー、スイートチリソースなど)で食すと飽きない。

カタチがオモシロいので、食も会話も弾むおかず!

ひき肉ならなんでもOKだけど、鶏もも肉のひき肉がベストかな〜個人的には。卵黄に浸しながらつまんだり、、、

牛蒡つくね


category: 家庭料理

tb: 0   cm: 0

鶏皮ナマス  

鶏皮なます
安くて美味な鶏ムネ肉。調理にもよるがほとんどの場合、皮を剥いでつかう。
から揚げ、天ぷら、カツ、茹で鶏、蒸し鶏、、、個人的には皮なしのほうが美味に仕上がる。
もちろん、剥いだ皮は有効に使う。うってつけのレシピはぽん酢漬け。いわゆる”とりかわポンズ”。
そして好都合な事に、ムネ肉にくっ付いている皮を使って作ったものが一番美味!もも肉や皮のみで市販されている部分より脂肪分が少ないからなのか、あっさりしてウマい。

拵え方は簡単。熱湯で茹でたら、触れるくらいまで冷まし、細切りにする。あたたかいウチに好みのぽん酢に
漬け込む。味が染みたらできあがり。一晩くらい冷蔵庫で寝かせても美味、写真のように大根、人参のナマスとあわせれば、ボリューミーかつヘルシーで尚、結構!

category: 家庭料理

tb: 0   cm: 0