google-site-verification: googlec65e86a90acf5654.html ひじき&もってのほか♪ - 素人料理百珍

素人料理百珍

簡単でスピーディーなレシピを紹介します(たまに凝った料理も、、)とか、映画のはなしなんかも時々、、、

ひじき&もってのほか♪  

ひじきともってのほか
 酸味を立たせたら、もう少し多めに作っておけば良かったなどと後悔するような一品になった。
もってのほかは、山形名産の食用菊。
 目に鮮やかな取り合わせは、味わいにも一役かっている。ほのかな菊のかほりが、扱いによっては野暮ったく感じてしまうひじきの海藻臭を抑え、軽やかに仕立て上げてくれるのである。

 甘辛く炊いたひじきと食用菊のぽん酢和えを足して2で割ったようなものだから両者が余っていれば、混ぜ合わせちゃえば良いのであるが、そんなシチュエーションはなかなかナイ。
とは言え、むつかしいレシピでも無いので参考にされたい。

 1 菊は花びらをがくからはずして酢を加えた湯で1分ほど茹であげ、冷水に取り、
   軽く水気を取り、ぽんずに漬け込む。

 2 ひじきはめんつゆなどの出汁醤油でこっくり煮しめ、粗熱が取れるまで冷ます。

 3 1と2を合わせ、味をみて、酢やめんつゆなどで加減して完成!


ひじきは甘めに炊き、もって菊にはしっかり味を含ませるのがポイント!ひじきの新しい一面が味わえる一品!

 美味!!!
関連記事
スポンサーサイト
家庭料理の関連記事

category: 家庭料理

tb: 0   cm: 2

コメント

はじめまして、duoといいます。
ずいぶん前、東北出身の知人にもってのほかをいただきました。
調理法を聞いても知人もこれといった答えを持っておらず、
あまりパッとしない食材という印象のまま今に至っていました。

なるほど、何か調理したものと合わす。
私にはこの調理法が最も楽しめるような気がします。

突然のコメント、申し訳ありませんでした。

URL | duo #-
2016/11/01 17:19 | edit

Re: タイトルなし

> はじめまして、duoといいます。
> ずいぶん前、東北出身の知人にもってのほかをいただきました。
> 調理法を聞いても知人もこれといった答えを持っておらず、
> あまりパッとしない食材という印象のまま今に至っていました。
>
> なるほど、何か調理したものと合わす。
> 私にはこの調理法が最も楽しめるような気がします。
>
> 突然のコメント、申し訳ありませんでした。

コメントありがとうございます!
シンプルな素材なのでモノ足らない仕上がりになることは多いかもですね。
ボクもたまたま出会ったレシピなので胸も張れないのですが、結構イケました!

URL | siwatch(志和達彦) #-
2016/11/02 15:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://siwast.blog.fc2.com/tb.php/848-9db06b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)