google-site-verification: googlec65e86a90acf5654.html サーモンの酢漬け♪ - 素人料理百珍

素人料理百珍

簡単でスピーディーなレシピを紹介します(たまに凝った料理も、、)とか、映画のはなしなんかも時々、、、

サーモンの酢漬け♪  

サーモンマリネ
サバやコハダなど光り物の専売特許の感があるが酢と魚は相性がいいのは周知の事実。
保存もさることながらひと味もふた味も味わいが変わる楽しさがある。
 富山のますの寿司に乗っかっているヤツを想像していただけると納得されよう。生の刺身やスモークサーモンと全く異なる味わい深さである。
 ただし、酢に漬けるとせっかくのサーモンピンクが白っちゃけてしまい美しくないとの声もある。
”ますの寿司”のようにサーモンピンクを保ったまま、しっとりしっかり酢漬けにするのはやはり素人にはハードルが高いのかもしれないが、よい方法がナイでもない(二重否定は肯定)。

 2センチぐらい厚みのある刺身用のサクをそのまま漬け汁に2日間漬け込むのである。

漬け汁は好みだが、いわゆる市販のすし酢に3割りぐらい米酢を足してジップロックなどでしっかり密封して冷蔵庫で寝かせるのが簡単でよろすい。もちろん鷹の爪やハーブの類いを混ぜ混ぜして風味ゆたかな好みの調合漬け汁をつくるも良しである。

 そして2日間待たれよ!
たしかにサーモンピンク色が白くなり、表面も硬くなった印象だ。
だがクッキングペーパーなどで余分な漬け汁を拭き取り5ミリ程度の厚みで斜めにそぎ切りしてみよう。
サーモンマリネ2
中心にむかって綺麗なサーモンピンクのグラデュエーション?が見てとれるではナイか!
2日間ぐらいつけると表面のみならず中まで酢の味が入っていき、しっかりマリネされるが白く、硬くなることはナイ。
ある程度、厚みのあるサクを丸ごと漬ける理由がお分かりいただけただろう。

 ここで素人問題にもどるが綺麗なサーモンマリネは完成したがこれではひと味足りない。
漬け汁に工夫がないからである。

ここではコクのある若干オイリーなソースを絡めてみた。

割合として

マヨネーズ 3

濃口醤油 2

バジルペースト 1

オリーブオイル 1

をよく溶いて野菜サラダの上に並べたサーモンの上からかけた。

サーモンマリネ3

美味!満足、納得のいく味わいである。

上のレシピでサーモンの酢漬けを作って、押しずしや生春巻きにしてもOK!
関連記事
スポンサーサイト
魚料理の関連記事

category: 魚料理

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://siwast.blog.fc2.com/tb.php/720-f3664ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)