google-site-verification: googlec65e86a90acf5654.html ひじき入り、トンバーグ♪ - 素人料理百珍

素人料理百珍

簡単でスピーディーなレシピを紹介します(たまに凝った料理も、、)とか、映画のはなしなんかも時々、、、

ひじき入り、トンバーグ♪  

ひじき豚バーグ
肉類は豚肉だけでハンバーグを名乗って良いものなのだろうか?
安易なタイトルで化けの皮が剥げ、食品偽装、ねつ造、改ざん、やっぱり素人、最近ランキングが落ちている、、、
などなど、、、避難回避を含め”トン(豚)バーグ”とした。

ただ豚肉オンリーにしたのも意味が無いワケではナイ。(二重否定は肯定)

ひじきというのは脂との相性がイイ。

ひじきの持つ海藻類特有のクセを相殺するには豚肉が適している。
鶏肉だと多少、役不足の感もある。もちろんヘルシー感を追求するなら鶏に軍配はあがる。
そしてビーフはどうかというと何か相容れないものがあるらしい。
もしかしたらお互いの言語が、全く違うのかも知れない。
多分ひじきは日本語で、ビーフは英語を操るのだ。だからビーフを合わせたいときは”合いびき”にすると味わいがしっくりしてくる。ビーフ100%ではよそよそしかったが、豚肉(は世界中で顔が広い)が仲立ちをすることでお互いの理解が深まるのである。
 
ひじきは洋食にも積極的な態度を見せる。”ひじきの酢の物”というのは一般的でないが、
サラダにするとなかなかオシャレ&美味な一品になる。アーリーレッドや紫キャベツ、チコリなどと一緒に、
ワインビネガーで作った単純なドレッシングで合えても美味しく、彩りも綺麗だ。
ブラックカラーがある種の強みを放っているのかもしれない。

だから肉団子にして油で揚げて”中華あんかけ”なんてのもウマいのだが
ハンバーグという形態のほうがあか抜けた仕上がり&美味で洋食進出の野心が垣間見える気がする。


ひじき入りトン(豚)バーグの作り方

ひじきは細いものの方が具材としてまとめやすい。

玉ねぎのみじん切りを豚ひき肉に混ぜ、塩少々を加えて粘りがでるまでよく混ぜる

昆布茶少々、コショー、ナツメグ、つなぎにパン粉を加えまたまたよくこねながら混ぜ合わせ、最後に
水でもどしたひじきを加え、カタチを調えながらハンバーグとする。

フライパン等でしっかり中まで焼きつけて完成!

美味!

醤油ソースでもイイし、デミグラスソース等、洋食感の強いソースもピッタリあう。
関連記事
スポンサーサイト
家庭料理の関連記事

category: 家庭料理

tb: 0   cm: 1

コメント

siwatchさん
おはようございます
ひじき入り、トンバーグ
素敵なハンバーグ
ヒジキ入り
嬉しいです
丁寧な説明
ありがとうございます

URL | ryuji_s1 #.FTrCIao
2015/08/14 10:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://siwast.blog.fc2.com/tb.php/677-476e6044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)