google-site-verification: googlec65e86a90acf5654.html ちゃちゃちゃっと、100円ツマミ! - 素人料理百珍

素人料理百珍

簡単でスピーディーなレシピを紹介します(たまに凝った料理も、、)とか、映画のはなしなんかも時々、、、

ちゃちゃちゃっと、100円ツマミ!  

葱サラミ1
何やら忙しい毎日だが、晩酌を含む食事をおろそかにできないのが食いしん坊の性(さが)
葱さえあれば、コンビニのツマミコーナーにぶるさがってる”サラミ”(100円ぐらい)でチョット気のきいたモノができる。

サラミはあの忌まわしい薄ビニールの膜をはがす。たまに存在しないものもあるが、アルと思ってのぞんだ方が良い。あとで大変なことになる。

10センチに満たないものならまず縦半分に切り分けてから、斜めにそぎ切りしてゆく。

このサラミを耐熱容器に入れ、レンチン1分。脂がじわっと出てくればOK!

ここに、水でさらした白髪葱を加え、10秒から20秒再びレンチン。

葱がしなっとすればよい。(生っぽい葱がすきな人はレンチンなしで)


あれば砕いたピーナッツ類や白ごまをふり、醤油、胡麻油orオリーブ油を少量足して、ざっと混ぜる。

完成!美味!

葱サラミ


中華街で買ってくる腸詰めの好きな食べ方だがサラミで試したところピッタリハマった。






ちょっと別の話し


 雪村いづみの ”ひこうき雲”

眠れない夜、ラヂオから流れていた”ひこうき雲”が忘れられない。

もともと雪村いづみの唄でリリースされるはずだった。

その歌声に鳥肌が立ち、いっそう眠れぬ夜になってしまった。

先日放映されていた”風立ちぬ”を見てそんな日の事を思い出した。

そのこととは別に、、、
せつない映画だ。色々な意味で。

偶然か?、ついこの間”永遠のゼロ”(テレビ版)も放映されていた。

宮崎駿は日本があの頃の時代と同じような雰囲気になってきたことがこの映画を作った理由だと語った。

百田 尚樹は当時のこと語れる人が存在する時代に書き残さなければならないと、インタビューをくりかえし、
資料を読みあさった。

そして、特攻隊員である”永遠のゼロ”の主人公は世界最強の戦闘機”ゼロ戦”を作ってしまった設計者を呪い、

かたや、
その設計者である”風立ちぬ”の主人公は、ついに一機も帰ってくることの無かったゼロ戦の意味を嘆く。
しかし、それでも”生きてゆく事”を結核で亡くなった妻から諭される。

雪村いづみ  ひこうき雲



ボクは戦争のできない今の日本が好きだ。


※映画”風立ちぬ”のエンディングに流れる”ひこうき雲”は
もちろん”荒井由美”のオリジナルバージョンです。念のため。


関連記事
スポンサーサイト
つまみの関連記事

category: つまみ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://siwast.blog.fc2.com/tb.php/574-f88ab488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)