google-site-verification: googlec65e86a90acf5654.html 100年昔のエッグスラット?田毎の月♪ - 素人料理百珍

素人料理百珍

簡単でスピーディーなレシピを紹介します(たまに凝った料理も、、)とか、映画のはなしなんかも時々、、、

100年昔のエッグスラット?田毎の月♪  

田毎の月s

大正5年(1916)に出版された『美味衛生安価料理五百選』というレシピブックの中に
”田毎の月”(たごとのつき)という料理が紹介されている。
・・・じゃがいもの皮をむき、柔らかになるまで茹で、水気を去りて裏漉しにかけ
小丼の如きものに盛り、中央を凹まして其の中へ生玉子をおとし、醤油を添えて出す。生玉子を嫌いなものは半熟にすべし、、、
  ※ 雄山閣出版 小菅桂子 著 近代日本食文化年表より抜粋

この時代じゃがいもの生産量が飛躍的に増え、同時に素人料理(家庭料理)向けに
たくさんのジャガイモ料理が考案され、広まっていった。
だが、田毎の月はコロッケやポテサラのように現在に至るレシピではなかったようだ。

時を経ることおよそ100年。
アメリカ西海岸のLAでセレブに人気の朝食として脚光を浴びた卵料理”エッグスラット”なるものは
まさに田毎の月ではないか!?

つまり田毎の月とはマッシュポテトに生or半熟卵をのせて一緒に食するもの。
エッグスラットしかり、、、である。
(LAセレブは生玉子は食べないけどネ!)

 文章だけではしっくりこなかった田毎の月が”エッグスラット”の登場で輪郭がはっきりした。
 おかずなのかつまみなのか、オヤツなのかしっくりこなかったが、
朝食というカテゴリーに収めると”ゴハンにのせる”というビジュアルが浮かんで来た。

問題は卵の扱いである。

生or半熟

黄身だけor全卵。

全てを試してみたが黄身だけをポトンが一番おいしいと思ったがこれは好みだろう。

マッシュポテトは弁当の付け合わせに作った残りを使ったのだが、ベーコンビッツを加え、
ブラックペッパー少々をふり、コンソメを切らしていたので顆粒昆布だし少々を隠し味につかっていたのが逆に、醤油、卵、ゴハンにしっくりくる味になったのかもしれない。

想像以上に美味!!!!!!!


田毎の月2s

マッシュポテト(柔らかめがgood!)、黄身、ゴハン、醤油の組み合わせが最高!

それにして田毎の月とは風流だ。





関連記事
スポンサーサイト
家庭料理の関連記事

category: 家庭料理

tb: 0   cm: 1

コメント

siwatchさん
田毎の月
素敵なネーミングですね
昔の人は結構オシャレですね

おいしそうです
レシピ
有難うございます

URL | ryuji_s1 #.FTrCIao
2015/01/13 18:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://siwast.blog.fc2.com/tb.php/544-7325c0ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)