google-site-verification: googlec65e86a90acf5654.html 最近よく聞く”よだれ鶏” - 素人料理百珍

素人料理百珍

簡単でスピーディーなレシピを紹介します(たまに凝った料理も、、)とか、映画のはなしなんかも時々、、、

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最近よく聞く”よだれ鶏”  

口水鶏
中国では口水鶏と書く。中華料理屋さんならずとも普通の居酒屋でも見かけるようになった。
『よだれがでる』ほど美味しいという意味らしいがかなりキワドいネーミングだ。
蒸したり、茹でたりした鶏肉をいわゆる”食べるラー油”のような辛い系のタレをまぶして食べる、
四川料理の冷菜。
家庭でも真似のできる簡単でヘルシーな一品。




お店によって、もも肉だったりムネ肉だったり、タレもパクチー中心だったり、揚げピーナッツがたくさん
入っていたりとマチマチである。
要は鶏肉の冷製に薬味タップリで香辛料の効いた辛めのソースをかけて食する。ということらしい。

今回は辛いのが苦手な子供もたべるのでsiwatch流と、注釈をつけねばならないが、
よだれ鶏用タレのレシピとして紹介する。

タレ・・・胡麻油大さじ3、
     濃口醤油大さじ2、
     白ごま大さじ2、
     フライドオニオン大さじ1
     にんにく1カケ分のみじん切り

以上を小鍋に入れ、弱火にかけて焦げないようにかき混ぜながらフツフツ泡がでるまで加熱する。完成!

※これだけでは辛味がないので、オトナは豆板醤や唐辛子を別添えにする。

茹でた鶏肉(写真はムネ肉)を冷ましてからスライスし、タレをかけまわし、白髪ネギを乗せる。

美味!!!

口水鶏

辛いのがオッケーであればラー油に醬油を混ぜゴマだの砕いたピーナッツだの、刻んだパクチーだの、、、
好みの薬味や香辛料を混ぜ混ぜすれば良い。

優しい味の棒々鶏に比べ、パンチの効いた味わいの口水鶏!
関連記事
スポンサーサイト
中華料理の関連記事

category: 中華料理

tb: 0   cm: 1

コメント

siwatchさん
口水鶏
美味しそうです
素敵なお料理
丁寧なrecipe
 有難うございます

URL | ryuji_s1 #.FTrCIao
2014/10/06 17:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://siwast.blog.fc2.com/tb.php/463-8dd8bb07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。