google-site-verification: googlec65e86a90acf5654.html 一日待った甲斐があった!ぶり大根♪ - 素人料理百珍

素人料理百珍

簡単でスピーディーなレシピを紹介します(たまに凝った料理も、、)とか、映画のはなしなんかも時々、、、

一日待った甲斐があった!ぶり大根♪  

ぶり大根

ぐっとこらえて、ひとばん寝かせる。

まるでバンパイアのようにぶりの旨味を吸い尽くした大根は満ち足りた表情で眠りこけている。

今日はグツグツ煮込んだりしない。

ほどよく温めるだけで充分

自分の持ち味をすべて大根に渡したわけではないと主張するぶりの身をたのしむ、、、

『ウマいじゃないかあ♪、、、』

なるほど、コクも脂も程よく残っている。

ゴハンも、酒も足りるだろうか?




ぶり大根のコツ

一、ぶりの下処理を丁寧にすれば必ず美味しい”ぶり大根”ができる。

二、ひとばん寝かせる

三、ゆずが旬をむかえるのを待つ。


ゆずとぶり大根が相性が良いという事もあるが、その時期にならなければ、

ぶりに脂が乗らず、あっさりしすぎのぶり大根になってしまう。(悪くないけど、、)

もちろん、冬大根の旬とリンクしていることは言うまでもない。

これから、しばらく楽しめる、家庭料理である。





材料

ぶり  切り身でもアラでも良い

大根

生姜

醤油



砂糖

みりん

作り方

大根は輪切りにし、表面に包丁を入れ、あじが染みやすくする。

透明になるくらいまで下茹でし、ザルにあげ、水気を切っておく。

ぶりは血合いやうろこ、などをきれいに掃除し。熱湯をかけ霜降りする。
628.jpg

取り損ねた汚れをチェックしながら流水で再び洗う。

ぶりの下処理完了

あとはすきなように好みの味加減でグツグツ煮ればOK!

ただし、煮汁を沸騰させ、大根もガンガンに熱くさせてから、少しずつ投入すること。

サカナは煮ている最中温度が下がると、余計な、クセやアクが出やすい。

644.jpg

こんな風にガンガン煮てから火が通ったら弱火でコトコト、、、

アクを除いてから味を整える。

完成!




最初にポルトガルへ行ったのは、丁度今頃の季節だった。

nazare.jpg

1991 nazare

ぶり大根は食べないが、ポルトガルにも魚料理がたくさんある。
関連記事
スポンサーサイト
家庭料理の関連記事

category: 家庭料理

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://siwast.blog.fc2.com/tb.php/195-26bb68c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)