google-site-verification: googlec65e86a90acf5654.html カリッ!パリッ!サクッ!と食べよう小アジの唐揚げ - 素人料理百珍

素人料理百珍

簡単でスピーディーなレシピを紹介します(たまに凝った料理も、、)とか、映画のはなしなんかも時々、、、

カリッ!パリッ!サクッ!と食べよう小アジの唐揚げ  

 アジの唐揚げ

 美味しいもの、というのは味もさることながら食感も大事。カリカリ、パリパリ、サクサク、というのはいかにも美味しそうな表現ですよ。どれかひとつでも十分なのに、カリカリ、パリパリ、サクサクが同時に味わえるなんて、高級魚には絶対まねのできないニクイヤツですよ小アジというのは。

注 5センチ以下の”豆アジ”はせんべいみたいになってしまい(それはそれで美味しい)、13センチ以上になるとどうしても骨があたる。なのでここで言う”小アジ”は5センチ以上13センチ以下と限定する。などと書いているとアジの小学生を唐揚げにして楽しんでいる、ボクというものがいささか悪趣味に思えて来た、、、。
 邪念をすてて、おいしく、いただきます。


作り方
まず下処理。
あじ唐揚げ用

写真のようにはらわたとエラを取り除く。はさみを使うと簡単!
 オナカの掃除をしたらペーパータオルなどで水気をしっかり拭き取る。特に内側。おなかやアゴの中に水気が残りやすい。
ここで手を抜くと油地獄のなかで逆襲に転じるツッパリ小学生にひどい目に合わされる事になるのでご用心。(油はねの原因)

バットなどに並べて、衣は薄く付ける

以上、下処理終了。

 頭はカリカリ、シッポはパリパリ、身はサクサク。
コツは二度揚げすること!
ただし、一度目は火をつける前に油に入れる。弱火から中火。徐々に温度を上げていきブクブクが激しくなってきたら弱火にしてじっくりあげる。泡がでなくなるまで十五分くらいかけるつもりで温度調節する。
 ちなみにまぶす小麦粉が多いと焦げるのがはやいので薄衣をまとうように全身を覆う。余分な粉ははたいて、少し時間をおいてしっとりしてから油にいれるとよいデス。

 第一ラウンドでアツアツになった小アジは常温になるくらいまで冷ましておきましょう。
二度目に揚げるときには高温でさっとあげる。

これでカリカリ、パリパリ、サクサクの完成!

新タマネギのシャキシャキも加えて!

サルサソースでも塩でも醤油でもなんでもOK!

カリカリ、パリパリ、サクサク、シャキシャキ、カリカリ、パリパリ、サクサク、シャキシャキ、、、、。

 
関連記事
スポンサーサイト
魚料理の関連記事

category: 魚料理

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://siwast.blog.fc2.com/tb.php/13-ee6913ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)